おすすめ!ダイレクトメール

ダイレクトメールの情報サイト

このサイトでは様々なダイレクトメールに関する情報をご紹介しています。
小ロットの場合でも発送代行してもらえるのかという疑問から、ハガキのDMデザインやレイアウトの考え方、そしてDMデザインのコツまで役立つ情報を掲載しているサイトです。
さらにビジネス向けのDMに使える例文、そして新製品をPRする場合に使える例文なども紹介しています。
これからDMの製作をするという場合には、是非目を通して参考にしてみてください。

小ロットのダイレクトメールは発送代行してもらえる?

小ロットのダイレクトメールは発送代行してもらえる? ダイレクトメールの発送代行を利用したくても、100部以下の小ロットであるため対応しているのか分からないという人は多いのではないでしょうか。一般的に発送の代行というと、全国に発送するような大規模なダイレクトメールでなくては対応していないというイメージを持たれることが多いからです。しかし実際のところはすべての代行会社が、そういった大規模なダイレクトメールの発送のみをおこなっているというわけではありません。なかには100部に満たない程度の小ロットであっても、発送代行を請け負っている会社もあります。もちろんそのような会社でも封入から発送までをおこなっているので、用途に応じて相談してみると良いでしょう。

ダイレクトメールを印刷や発送代行してくれる業者を使うメリット

ダイレクトメールを印刷や発送代行してくれる業者を使うメリット 企業は少しでも多くの人に自社のサービスや商品を知ってもらうために宣伝活動を行っていて、大企業になるほど巨額の費用を計上しています。この宣伝活動は以前であればマスメディアを活用したコマーシャルが主流でしたが、昨今のテレビ視聴率の低下やコマーシャルの場合は実際にどこまで意識して見ているのかわからないという点から、企業も利用度を変化しているのは間違いありません。 このような状況から、広告や宣伝で注目されているのがダイレクトメールです。ダイレクトメールとは一般的にはハガキや封書を用いて宣伝内容を印刷した書面を特定の顧客に送付するものであり、手間がかかる上に顧客の住所を知っていなければ使えないので、瞬時に大量の人に広告を行うという意味では使えませんでした。しかし、最初から少なからず広告内容に興味を持っている相手に対して宣伝を行うので、その効果が期待できるというメリットがあります。 問題になるのは書面を作成したり発送するための労力であり、以前であれば企業の関係者が手作業で行っていましたが、今では全ての業務を発送代行業者に委託できるようになり、コスト面でも利用する意義があります。発送代行業者を利用する場合は一定量がなければ割高になるケースもありますが、継続的に多くの顧客に対してダイレクトメールを発送している企業であれば、自社で行うよりもコスト削減の効果が高くなっているでしょう。

ダイレクトメールをコストカットする方法に土江

ダイレクトメールは、ユーザーに直接メールができる便利なツールですが利用者から見れば大量に来るメールにメリットを感じなければいずれは利用を控えられてしまいます。基本的に会員登録に誘導するだけでも、それそうおうのコストが発生する中で効率よく運用することがコストカットと売上向上を可能にするからです。ダイレクトメールのコストカットでの有効な方法として、属性情報から送信内容自動的に分類し配信するシステムを利用したり自動配信機能を実装することです。属性情報は、会員登録の際に登録する情報やアンケートなどで取得する情報になります。性別や年齢、家族構成や自身の嗜好など様々な情報を組み合わせることで特定のニーズを把握することが可能になります。特にAIを活用することで、人の手では分からなかった購買意欲のある層に配信することで購入を促進することに貢献することでしょう。まずは様々な情報を体系化・分類化することが、第一歩になります。

ダイレクトメールで集客効果が得られる理由は

ダイレクトメール(DM)は、インターネットが普及する時代より前から、主に封書やはがきなどを使用した形で使われていました。現在も販売促進ツールとして活用されているのは、集客効果が見込めるという理由に他なりません。そこで、改めてダイレクトメールの効果について整理していきましょう。 まず真っ先に挙げられるのが、「反響率」を上げられる点にあります。というのは、例えばチラシなどは不特定多数に対して配布しますが、DMはターゲット顧客リストを元に配布するため、反響率が高くなりやすいのです。 次に、ダイレクトメールの集客効果につながるものに、商品・サービス・ブランド名の「認知度」が上がるという点もあるでしょう。DMを介して幾度も接触すると、単純接触効果がはたらき、接触回数が増えるほど親密度や好感度が増すという効果が期待できます。 ただし、ダイレクトメールを効果的に配布するためには、開封してもらうことを優先しなければなりません。つまり、いかに見たくなるDMを作るかが、集客のための第一歩だとも言えるでしょう。

ダイレクトメール代行の有効性と信頼性について

インターネット時代に入り数々のマーケティング技術が開発され、流行から取り残されて新しい手法が開発されてゆきます。以前はバズマーケティングやフラッシュ手法などが流行しましたが、不正などが起こって現在はツール解析などによって調べたり、良すぎる書き込みは敬遠される傾向も出てきました。またアフィリエイト系やメールマーケティングも廃れてきています。 逆にリアルの世界では息の長いマーケティング手法があり、それがダイレクトメールなのです。特定のユーザーに向けて宣伝目的や新商品の紹介などを含め、クーポンなどを付与することで顧客満足度を上げることが出来る有効な手段になります。昔からあるけれど陳腐化しないのは安心感と信頼感があり、特定の顧客向けのサービスでお得感があるのです。ダイレクトメールは自社で行わずに、代行業者に依頼する方がノウハウもあり結果的に安く済ますことも出来ます。ダイレクトメールはインターネット世代にも、インターネットを使わないユーザー層にも有効だと言われているのです。

魅力的なダイレクトメールで集客効果を上げよう

ダイレクトメールは顧客の手元に直接メッセージを送ることができる手段ですが、中には思ったような効果が得られないと悩む人は多く見られます。魅力的な作品を作り顧客の認知促進、集客アップにつなげるためには、幅広い知識を身に付けておく必要があるでしょう。魅力的なダイレクトメールを作るためには、まずは目的に合った顧客リストを作ることが求められます。店舗への来店やオンラインでの購入、知人への紹介や会員登録など様々な目的がありますが、目的をはっきりさせそれに応じ顧客リストを作成しましょう。ターゲットをうまく絞り込むことができれば、開封率や反応率を高めることができるでしょう。そして思わず行動したくなるようなオファーをすることも重要です。持参することで購入代金を割引する、豪華特典をプレゼント等の内容が該当し、このようなオファーで企業が求めるアクションを起こすことにもつながります。適切なタイミングで送れるようにすることも重要です。送付に適した時期は顧客ごとに異なるため、たくさんの顧客を抱えている場合には、ツールを活用することが求められます。

ダイレクトメールに使われるデザインのジャンル

ダイレクトメールを使う事による宣伝は、ダイレクトの名前の通り分かりやすい効果が現れます。あまり狙ったターゲットに集中して送れないものでもあるのですが、それを余りある物量でカバーするスタイルがダイレクトメールと言えるでしょう。デザインのジャンルに関しては定番というものがあり、お堅い通知に関しては派手な色は使わずに制作します。枚数もそうですが、色使いや凝った造りにしてしまうとコストもかさばってしまうため、シンプルな方が同じ金額でたくさん送れると考えておけば良いでしょう。逆にエンターテインメント関連は、出来るだけ色を多く使い、派手なデザインにしておくと目に付きやすくなります。単純にそういうデザインにするだけでなく、競合他社の色使いに似せておくと、ひと目見ただけでどういったジャンルのダイレクトメールなのか気付いてもらえるため、効果的と言えます。あまり大量に送りすぎると迷惑に思われる可能性があるので、その塩梅が重要です。

発送代行を使ってみよう

ダイレクトメールの発送代行を依頼

新着情報

◎2022/4/26

情報を更新しました。
>ダイレクトメールをコストカットする方法に土江
>ダイレクトメールで集客効果が得られる理由は
>ダイレクトメール代行の有効性と信頼性について
>魅力的なダイレクトメールで集客効果を上げよう
>ダイレクトメールに使われるデザインのジャンル

◎2021/4/14

ビジネス向け例文
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました